テストステロン

洗髪

男性ホルモンにはいくつかの種類があることをご存知でしょうか。男性ホルモンは、男性らしい体つきや、男性の生殖機能に大きな影響を与えているホルモンのことです。そして、男性ホルモンが多い人は体毛が濃くなったりする傾向があるのです。 また、男性ホルモンの中の1つにテストステロンという物質があります。そして、テストステロンはその代謝過程で、ジヒドロテストステロンになるのです。 ジヒドロテストステロンについては、以前から前立腺肥大症の原因になることが知られていましたが、実はAGAの原因でもあったのです。 AGAというのは、男性特有の脱毛症のことで、ジヒドロテストステロンが毛乳頭にダメージを与えることから抜け毛が起こると考えられているのです。

テストステロンは体内において、5αリダクターゼの働きによりジヒドロテストステロンになります。 5αリダクターゼとは転換酵素の一種で、遺伝によりその量が決まると言われています。要するに、AGAは遺伝するということです。 しかし、今ではAGA治療薬が開発されていますから、たとえAGAを発症しても悩むことはありません。それよりも、早く病院に行って診察を受けるべきです。 AGAの治療は、主にフィナステリド製剤を服用して行うことになりますが、フィナステリド製剤は、5αリダクターゼの作用を抑えることで脱毛予防をするのです。 また、今ではフィナステリド製剤のジェネリック医薬品も製造されており、海外から安価なジェネリック医薬品を個人輸入する人が増えています。